社会学Bの15回目の授業(2013年度)

  1. 脱工業社会か情報社会か
  2. 社会学の「理論」とは
  3. これからのこと

論文

2009年の論文

2007年の論文

2001年の論文

Room N1

Ss20140129_232029http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/sp/etextlinks-sy.html#magyo   

講義記録(社会学B、2013年度)

社会学B2013年度

第1回目(10月3日)
社会学と現代(あるいは近代)、コントの実証主義
現代の、modern,近代の、明治・大正・昭和、1990年代
技術の発達、都市化、人口の変化、官僚制、大衆社会←脱工業社会の主なトレンド
産業革命時の技術
富岡製糸場の写真の紹介
第2回目(10月10日)
インターネット、分散型ネットワーク
技術決定論
アトランタ、キングズクロス駅、田園調布、鳩山ニュータウン
都市化、市部人口比率の推移、特定地域の都市化
福岡市周辺地域の人口増加、宇美町、久山町
炭鉱閉山、宇美線、開発抑制政策、定期借地権、トリアス久山
第3回目(10月17日)
人口の変化(人口転換理論、多産多死・多産少死・少産少死、「少子化」の用語)
官僚制、官僚制の理念型、逆機能
第4回目(10月24日)
大衆社会の出現
オルテガの大衆とは
ウルリヒ・ベックの危険社会あるいはリスク社会
性別役割分業、いわゆる専業主婦
労働市場に登場する個人とは
個人化の進行と国家の役割
ダンダリン
ブログの記事を配付した。罰金の話。
質問を書かせた。
第5回目(10月31日)
質問への回答
都市化の概念
全体社会の都市化、特定地域の都市化、都市的生活様式の伝播
第6回目(11月14日)
都市化の3段階
ブリックアンドモルタル
赤村の第1次産業従事者率
インナーシティ問題、郊外化現象との関連
第7回目(11月21日)
逆都市化、再都市化とは
第8回目(11月29日)
都市計画
英国のニュータウン政策
政策の2つの理念まで
第9回目(12月5日)
言葉にこだわるイギリス社会
写真による紹介(荒廃したニュータウン、roudabout、 タウンセンターなど)
CASE
ハワードの田園都市論
ダイヤグラムの説明
小都市理想論
道路、鉄道、運河の交通ネットワーク
第10回目(12月12日)
レッチワースの街並み、住宅
社会福祉士国家試験の過去問の紹介
成果主義、裁量労働制、G.H.Mead、役割取得、コンパクト・シティ、
田園都市論とニュータウン政策
田園調布
第11回目(12月19日)
質問への回答
第12回目(1月9日)
国際化あるいはグローバル化
国家と社会、国民と国籍、民族、
多国籍企業と国籍、TNCとは
第13回(1月16日)
Gidensのグローバル化論
経済的グローバル化以外の側面
文化の同質化
通信システムの発達
第14回(1月23日)
ナショナリズムと愛国心(ジョージ・オーウェル)
Arpanetのこと

社会学Aの記録(2011年度)

社会学A記録2011年

1回目(4/13)
eラーニングシステム等の利用について
社会学の特徴
他の分野との比較
2回目(4/20)
社会学の特徴
ダーレンドルフのとらえ方まで。
3回目(4/27)
グッドバイ・レーニン
ヴェーバーの方法論的個人主義、アソシエーションとしての夫婦、東独の崩壊
デュルケムの方法論的「社会」主義、社会的事実、外在性と拘束力
個人の行為か社会の構造か(まとめ)
機能か葛藤か(導入のみ)
4回目(5/11)
ダーレンドルフ、世界の複雑さに耐えよ
マルクスの葛藤論、階級の概念、所有と経営の分離、「労働者」の変質
闘争の制度化、闘争の統制
日本の「圧力団体」
5回目(5/18)
東京物語
科学的に扱いうるもの(ヴェーバー)
因果関係と相関関係
疑似相関の可能性
相関関係の表し方(散布図と帯グラフ)
パーセントを計算する方向
6回目(5/25)
モザイク・プロット
関係の有無の確からしさと関係の強弱(3つの表の違い)
統計調査・事例調査、クロスセクション、コーホート、パネル、ケースコントロール調査とオッズ比、前向きと後ろ向き
2種類の合計特殊出生率
7回目(6/1)
家族集団、家族員、核家族、マードック、性・生殖・教育・経済機能
家族の定義、世帯の定義、両者が食い違う場合は、
家族の機能(パーソンズ)
農村家族の機能(鈴木栄太郎)
What is family?
Gender stereotypes in adverts
Gender stereotypes in the media
8回目(6/8)
家族の分類
制度と形態の区別
夫婦家族制度、直系家族制度
家族のライフサイクル、エンプティ・ネスト、直系家族制度においても核家族の形態は存在しうる。
世帯の家族類型
親族世帯、核家族世帯、その他の世帯、非親族世帯、単独世帯
核家族率の動向、分母は親族世帯数か、単独世帯数等を含めるべきか。
同居率の動向
小家族化の動向(平均世帯人員の減少)
9回目(6/15)
修正拡大(直系)家族、交通と通信の技術の発達
別居子との交流頻度
結婚あるいは配偶者選択、ロマンティク・ラブ、取り決め婚、平均初婚年齢の上昇
家族制度の変化の要因、産業化と核家族化、移動の容易性
(ベックの議論は触れていない。)
10回目(6/22)
都市の定義(ワースと鈴木栄太郎)
人口集中地区の概念
バージェスの同心円地帯理論、CBD、遷移地帯、
11回目(6/29)
都市化と社会生活の変化
ワース、ガンス、フィッシャー
「分節化」、差異に対する寛容度。
12回目(7/6)
A small town is usually divided by ...
町内会・自治会(岩波小辞典の記述を解説。)
拠点収納ボックス
鳥栖市天満神社の氏子費
上関市賀茂神社と漁民たち
町内会の特性(A群の6番目、共同体的性格と機能集団的性格の項目まで取り上げた。)
13回目(7/13)
町内会の特性(A群7番目以降、B群)
東京「ゴミ戦争」
NIMBYismについて
世帯と職域、職場としての結節機関、企業・事業所、
産業構造の変化、産業と職業の区別、コーリン・クラークの仮説
14回目(7/20)
産業分類について、残余的概念としてのサービス業、「狭義」のサービス業の例、
コーリン・クラークのパラダイムの妥当性
製造業の重要性、農業と他の産業との結びつき
15回目(7/27)
官僚制、ホーソン実験

社会学A(2009年度)

講義資料は下記のところにあります。

ダウンロード

社会学A(2008年度)

配付した資料は以下のものです。

社会学A配付資料08年度(a)
社会学A配付資料08年度(b)

社会学A(2007年度)

講義資料は、下記のところにあります。
ダウンロード

社会学B(2006年度)

講義の記録

(1)
社会学Bの内容、現代社会の動向、「現代」の意味、modernの意味、主なトレンド、テクノロジーの発展、蒸気機関、インターネット

(2)
tracertコマンドを実行してみると、都市化、ケリーとブッシュ、人口の変化(人口転換理論)、少子化はいつからか、官僚制の台頭、官僚制の理念型、ヒエラルヒー

(3)
大衆社会、都市化、インナーシティ

(4)
クラーセンの説、都市計画、ニュータウン政策の理念

(5)
ニュータウンの写真、ラウンドアバウト、タウンセンター、住宅、Nimbyism

(6)
稀少性、建設後の投資の不足、バスストップ・タウン、田園調布市、田園都市論、レッチワース、ハワード、人口ピラミッド、ベビーブーム、2007年問題、丙午の迷信

(7)
AERAの「郊外病」の記事、agingの2つの意味、高齢化の2要因、平均寿命、平均余命、生命表、年齢別死亡率、出生率、合計特殊出生率

(8)
出生率低下の要因、労働力としての意味の喪失、教育費の負担、「90年代は横ばい」、「少子化の語は1992年の国民生活白書より」(広辞苑)、「高齢者問題の因数分解」(岸本重陳)

(9)
情報化、情報社会、脱工業社会、電気通信、バックボーン、インターネット利用、「ハイテク犯罪」、EC、アスクル、アマゾン

(10)
外国でのATMの使い方、デル・ダイレクト・モデル、EC導入率、BtoB、BtoC、ダニエル・ベルの著書、脱工業社会と工業社会の比較

(11)
ネットワーキング、シミュレーション、決定理論、システム理論、エンジニアと技術的職業の違い、囚人のディレンマ、1999年版前書き、製造業からサービス業へ、職業構造の変化、資産と教育、貨幣や土地の形での資本と「人的資本」

(12)
交通からネットワークへ、ARPANET、知識価値理論、労働価値説、カステルの批判、分極化の可能性

(13)
英語になった日本語、国家と社会の区別、国民と民族の区別、国際化の意味、グローバル化の概念

(14)
ギデンズの考え、1960年代のネットワークシステムの発達とは、文化的グローバル化とは、加藤周一の「雑種文化」論、MNCとTNC

社会学Bの記録(2004年度)

①10月4日
主なトレンド(テクノロジーの発展、都市化、人口変化、官僚制の台頭、大衆社会の出現)
L. Broom, P. Selznic, and D. B. Darroch. Sociology. seventh edition.
②10月18日
官僚制について
A Small Bureaucracy
③10月25日
ダニエル・ベル『脱工業社会の到来』の1999年版の前書きの紹介
1999年版前書き(一部)
④11月1日
前回の続き
5つのグリッド
比較表>
⑤11月8日
都市計画論――英国のニュータウン政策
Stevenage Borough Council
地図航空写真
⑥11月15日
ニュータウンの現状と問題点
New towns suffer 'major problems'(BBC NEWS)
Inquiry over homes plan(BBC NEWS)
Councils row over 'greenfield' homes(BBC NEWS)
ハワードの田園都市論
Letchworthgc.com
About Letchworth(Letchworthgc.com)
⑦11月22日
都市化について
イリノイ州の結果
都市化率の推移
都市化率の国際比較
福岡県の市町村
⑧11月29日
移動の理由
移動したいと思う理由
移動理由の分類
⑨12月6日
移動の距離と理由

情報化について
  バックボーン(基幹回線網)
   福岡ギガビットハイウエイ
   NTT
   KDDI
   日本テレコム
⑩12月13日
脱工業社会論についてのカステルのまとめ
カステルの批判と情報主義
⑪12月20日
サービス業の事業所数と従事者数(2001年)
日本標準産業分類の変遷と第11回改訂の概要
(総務省統計局)
日本標準産業分類(平成14年3月改訂)
大・中分類項目新旧対照表
経済活動人口(日本統計年鑑)←エクセルファイル
⑫1月17日
 休講
⑬1月24日
平成16年版 少子化社会白書(全体版)
人口転換理論
平均寿命の推移
平成16年版 高齢社会白書
第19回 生命表(完全生命表)
⑭1月31日
Social Perspectives on Aging
Senior CooperativeFoundation
Disengagement Theory and Activity Theory
Subculture Theory
Castellsの「高齢社会論」

[試験について]
 試験は2月14日(月)の1限です。いつもの授業の時間と違いますので注意してください。
 試験の範囲は、このページで記録している範囲です。
 ノートや資料、書籍等は、持ち込み可とする予定です。
 授業で取り上げたことを理解できているかをチェックするような問題を出すつもりです。

記録(2004年度社会学A)

4月13日
ウェブサイト(オンライン研究室)の紹介
自己紹介(方言のことなど)

4月20日
社会学の特徴
デュルケムの「社会的事実」
ウェーバーの方法論的個人主義
社会的行為の社会学

4月27日
機能主義と葛藤論
デュルケムとマルクス
グレーパンサー
階級闘争
選択的夫婦別姓制度
修道院における「犯罪」
ウェブログのユーザー名とパスワードを教えた。

5月10日
「アラバマ物語」の一部を見せた。保安官が家にやってくるところの前まで。その前に、トムの家に説明に行くところ。

「世論の差」という記事を示して、ワーディングの重要性を指摘した。パーソナル質問とインパーソナル質問、イエス・テンデンシー。

5月17日
実験と因果関係
因果関係と相関関係の区別
ヴェーバーの「科学的に扱いうるもの」
社会調査の種類(個別面接法等、全数調査と部分調査、母集団と標本)
ギャラップとリテラリーダイジェスト社、無作為標本あるいは標本の代表性
ギャラップのホームページ

5月24日
取り決め婚とロマンティック・ラブ
家族の定義
世帯の定義

5月31日
世帯の家族類型
核家族化
同居率

6月7日
家族の機能

6月14日
地域社会
自然都市と行政都市
人口集中地区
都市の定義(ワース)

6月21日
社会的交流の結節機関(鈴木栄太郎)
ノード
電気通信と都市――電子空間と都市空間――

6月28日
都市の空間構造(同心円地帯理論等)
都市化と社会生活の変化(ワース、ガンス)

7月5日
都市化と社会生活の変化(フィッシャー)
町内会の特性

7月12日
産業構造の変化
脱工業社会論
情報社会論
「マクドナルド化」

7月26日(試験実施)