« January 2005 | Main | March 2005 »

PSPPでクロス集計

DATA LIST /Q1 1 Q2 2 Q3 3 Q4 4 Q5 5.
VARIABLE LABELS Q1 'Q01' Q2 'q02' Q3 'q03' Q4 'Sex' Q5 'Age'.
VALUE LABELS Q4 1 'M' 2 'F'.
BEGIN DATA.
12121
23123
12332
12123
21211
END DATA.
LIST.
FREQUENCIES VARIABLES= ALL.
CROSSTABS TABLES=Q1 BY Q4 /CELLS= COUNT ROW COLUMN /STATISTICS= CHISQ PHI.

上記のコマンドファイルのPSPPでの実行結果
クロス統計表で行パーセント、列パーセントが表示されていない。なぜか不明。

CROSSTABSの解説(http://www.gnu.org/software/pspp/manual/pspp.html#CROSSTABS)
(以下引用)
Please note: Currently the implementation of CROSSTABS has the followings bugs:
Pearson's R (but not Spearman) is off a little.
T values for Spearman's R and Pearson's R are wrong.
Significance of symmetric and directional measures is not calculated.
Asymmetric ASEs and T values for lambda are wrong.
ASE of Goodman and Kruskal's tau is not calculated.
ASE of symmetric somers' d is wrong.
Approximate T of uncertainty coefficient is wrong.
Fixes for any of these deficiencies would be welcomed.

実行されないコマンドのリスト
http://www.gnu.org/software/pspp/manual/pspp.html#Not-Implemented

|

SPSSではなくPSPP

KnoppixにPSPP(SPSSではなく)というプログラムをインストールした。SPSSやSASの代わりにどの程度使えるかどうか調べてみようと思っている。
なぜそうするのか。それは、SPSS for Windows 10.0JWindows XPに対応していないからといって、その程度のことでXP対応版を新たに購入する気になれないからである。マイクロソフトのVirtual PCを使い始めたのも、XPに対応していないSPSSをXP上のバーチャルWindows 98で動かすためであった。もしも、PSPPがSPSSのコマンドファイル(シンタクス・ファイル)に十分に対応しているならば、SPSSのバージョンアップにつきあう必要がなくなるのではないかと期待している。PSPPを開発している皆さんに心から声援を送ります。
PSPP Home(GNU Project)
Package: pspp (0.3.0-8)(debian)

[参考になったサイト]
PSPP Information(Ed Tymchyshyn)

|

Windows上でLinuxを使う

KNOPPIX VirtualPC版(産業技術総合研究所)←「VirtualPC5.0 for windows版」と書いてあるが、下記の2004年のマイクロソフト版でも利用できる。ハードディスクにKnoppixをインストールした場合と同じように使うことができる。
Microsoft Virtual PC 2004(マイクロソフト)←XPのホーム・エディションでは使えない。プロフェショナル・エディションにインストールする。Linuxなどの、Windows以外もゲストOSとして使うことができる。マイクロソフトの意図は、Windows XP以外のWindowsのユーザーにXPを利用させようということであろうが、このソフト――もともとはマイクロソフト社の製品ではない――によってLinuxなどを試みに使ってみる人が多く出てきて、マイクロソフト離れが進行することがあるかもしれない。

|

« January 2005 | Main | March 2005 »