« クロス統計表の度数からカイ2乗値等を計算 | トップページ | プログラムの、実行させたくない部分は »

年齢の再分類(re-coding)

DATAステップのINPUT文のあとに次の行を付け加えると、ageという変数に「-54」、「55-」という値が入ります。つまり、年齢が、55歳未満と55歳以上に再分類されます。この新しい変数ageをクロス集計等に用いることができます。

       if f2 = '2' or f2 ='3' or f2 ='4' or f2 = '5' then age ='-54';
       if f2 ='6' or f2 ='7' or f2 ='8' then age = '55-';

[追記]
 「SASデータセット」がすでに存在する場合――DATAステップをすでに一度実行した場合――には、プログラムを変更した後にそのプログラムを保存し、再度SASを起動する必要があります(別の方法をとらない場合には)。

 「クロス統計表の度数からカイ2乗値等を計算」の記事を参考にして、別のプログラムで表を作り直すこともできます。その場合は、自分で計算した度数をデータとして入力します。

« クロス統計表の度数からカイ2乗値等を計算 | トップページ | プログラムの、実行させたくない部分は »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロス統計表の度数からカイ2乗値等を計算 | トップページ | プログラムの、実行させたくない部分は »