« 五十嵐敬喜「マンションは生き延びられるか?」(『世界』8月号)を読んで | Main | ユーモアと優しさをもってしか語れない絶望や暗転がある。 »

July 14, 2023

町内会とその「上部」団体について書いた記事のリスト

町内会とその「上部」団体について書いた記事のリストを作成した。1番目から5番目までは、noteで公表したもの。6番目以降は、@ニフティのココログで公表したものをホームページサービスのサイトに印刷用としてアップロードしたもの。内容は、公園清掃不参加の出不足金や緊急連絡網、補助金と「上納金」、校区自治連合会・区自治総連合会・北九州市自治会総連合会のことなど。

北九州市自治会総連合会規約には、「美しい風習を育てる」というような、「醇風美俗」という言葉を連想させる時代錯誤的な表現とともに、「市の末端行政の充実」という一面的なとらえ方が出てくるのだが、そういうとらえ方ではなく、「草の根のレベルの民主主義」とか、「民主主義の学校」という趣旨で関心を持ってきた。(なお、同規約の中には「自主的に組織活動を助長し」という不可解な表現も見られる。組織活動を「自主的に助長する」というのは意味が通らない。)

  1. 「出不足金」について(2021年10月2日note)
  2. 町内会規約と校区自治連合会規約の比較(2021年10月4日note)
  3. 町内会とその「上部」団体との関係: 校区分担金と市政連絡事務委託料をめぐって(2023年5月29日note)
  4. ある町内会の単年度収支から辿っていって考えたこと: 校区「社協」・校区自治連合会・区自治会総連合会等との会計上の関係(2023年5月31日note)」
  5. 町内会・自治会の「上」に存在する組織(2023年6月29日note)
  6. 「まちづくり協議会」の新役員が選出されたことを「市民センターだより」(6月1日号)で知って考えたこと(June 07, 2023)
  7. 村上春樹『職業としての小説家』(新潮文庫)あるいは「民主主義の学校」について(June 16, 2023)
  8. ピラミッド型組織を連想させる「緊急連絡網」について(June 21, 2023)
  9. Rehearsal for hybrid procedures in the Chamber of the House of Commons(June 29, 2023)
  10. 校区という言葉について(July 08, 2023)
  11. 役員の選出方法等からとらえた校区自治連合会・区自治総連合会・市自治会総連合会の間の関係について(July 12, 2023)
  12. 五十嵐敬喜「マンションは生き延びられるか?」(『世界』8月号)を読んで(July 13, 2023)

  13. PDFファイルのダウンロード

|

« 五十嵐敬喜「マンションは生き延びられるか?」(『世界』8月号)を読んで | Main | ユーモアと優しさをもってしか語れない絶望や暗転がある。 »

➔町内会とその上部団体」カテゴリの記事